アフィリエイト教材、商材で稼ぐ驚きの方法

物販アフィリエイト教材、商材で稼ぐ驚きの方法を紹介していきます。

 

物販アフィリエイトとは、普段私たちが利用していr、物や商品を紹介していくアフィリエイトの事を指します。そして、物販アフィリエイトでは多くの人が実践しているアフィリエイトジャンルであり、市場にしても新商品が出るごとに増えていきますので、市場は大きいと言えます。

 

物販アフィリエイトではどのくらい稼げるかと言いますと、月収1000万円以上稼いでいる人もいます。月収100万円位なら多くの人が達成している範囲内になります。

 

しかし、アフィリエイト初心者が闇雲に実践しても稼ぐ事は出来ないので、物販アフィリエイトで稼ぐノウハウを覚えていく必要があります。

 

物販アフィリエイトの教材と言っても、何百個と無数にあるのですが、実際に多く稼ぐ事が出来るのは少数なのです。なのできちんとした物販アフィリエイトを探すにはアフィリエイトの情報商材・教材のおすすめサイトなどを参考にして稼いでいくことが重要になりますね。

 

物販アフィリエイトは初心者でも稼ぎやすいジャンルなので取り組みやすく3ヶ月あれば、月収10万円は達成することが出来ることかと思います。本気で取り組むのでしたら、1年で月収100万円も十分可能な数字なので、是非取り組んでみて下さい。アフィリエイトの教材を最初に持っておけばかなりアドバンテージになりますよ!

 

 

 

アフィリエイトで重要なテーマ・ジャンルの細分化作業

アフィリエイト稼ぐ事が出来るかどうかの重要な要素として、ジャンル選定を行った後の細分化作業が出来るかどうかに掛かっています。実際に、ライバル市場が多いジャンル(ダイエット、FX、情報商材)はいくつかありますが、実はこのようなライバルが多い市場程参入するおすすめが出来るのです。

 

例えば、ダイエットについて記事を書く際にも、色んな種類のダイエットがあることかと思います。この時にただ漠然とダイエットについてのサイトを作成したとしたら、それはほとんどの確立で失敗することかと思います。ダイエットのジャンルサイトは物凄い競合性が高く、一般人の参入は難しいです。

 

しかし、ダイエットと言ったジャンルをより細分化していく事でライバル数を減らして確かな需要を確立したサイトを作成できるのです。例えば、ダイエットについても運動をしないダイエット方法なのか、運動を伴うのかでも一つの区切りをつけることが出来ますし、運動をしないダイエットの中で、体のマッサージはするのか、食事のみでのダイエットを図るのか、等ジャンルを絞っていく事で特定数の人が求めているダイエットサイトを作成することが出来るのです。

 

この細分化を行うことが、専門性の情報を持つサイトになりますので、実際に参入する価値が生まれてくるのです。バナナダイエットについて物凄い詳しく情報が記載されていたり、お腹周りの専門ダイエット方法についてのサイトだったりと、焦点をしぼり細分化を行うことがよりアフィリエイトで稼ぐ為の一つの要素となり得るのです。

 

キーワード選定だったり、商品選定、SEO選定等色んな要素が必要となりますが、このテーマ選定は花が開くかどうかを決める最初の要因なので、ここを間違うことがないようにしましょう。

 

 

 

 

 

キーワードツールを活用したキーワード選定ノウハウ・コツ

キーワードツールを活用したアフィリエイトノウハウについて解説していきます。

 

キーワードツールは、サイト作成する際に、活用されるツールになります。キーワードはアクセスを集める事が出来るかどうかを判断するのに重要なファクターになります。もし、競合するサイトが少なくアクセス数を多く集める事が出来れば、集客を多く出来るので、報酬を得ることが目的なら果たすことが出来ます。

 

キーワードツールと言っても、競合性を調査するツールがあったり、アクセス数を多く集めることが出来るキーワードを発見してくれるツールだったり、調査したいキーワードからサジェストワードを抽出したりなど、様々ですね。

 

キーワードツールを無料の物から、有料の物まで全部公開されているさいとが、「キーワードツールのおすすめ・比較専門サイト」ですね。このサイトなら、無料でも、有料でも自分が必要な物を発見することが出来ますね。

 

こういうツールの事を専門的には、キーワード選定ツールと言うようです。キーワード選定ツールと検索したら、上記のサイトが一番上に表示されました。アフィリエイトを実践している人なら、キーワード選定ツールがどれだけ重要かわかるかと思います。

 

アフィリエイトで稼ぐ方法の重要な要素の一つである、キーワード選定をしっかりと効果ある物として実用するなら、キーワード選定ツールを活用して、アフィリエイトに取り組むことが重要になりますね。

 

 

フェイスブックからサイト誘導するための重要な方法・コツ・ノウハウ

SNSの中でも特に多数の人が使っているフェイスブックですが、投稿する以上はたくさんの人に見てもらいたいですよね。アフィリエイトサイト作成する際に大きく稼いでいる人は、フェイスブックと連動を行っています。

 

検索エンジンのみではなく、フェイスブック経由からもアクセスを集めることが出来るのです。

 

しかし、フェイスブックから記事まで見てもらうためには注目を集めなければいけません。そのための分かりやすい指標は「いいね」を増やすことでしょう。とはいえそう簡単にはいきません。ではどのようにすればいいでしょうか。

 

 

多数の「いいね」を獲得するにはコツがあるのです。「記事がどのような内容になっているか」「相手からのアクションにすぐ反応しているか」など複数あります。そこには多くの工夫があるのです。投稿する日時を変えるだけで反応は変わってきます。皆さんもコツを理解すれば多数の「いいね」がつくはずです。

 

しかし漠然と続けるだけでは上手くいかないのです。どのようにすると注目を集めることができるのでしょうか。今からそれを紹介しましょう。

 

■エッジランクをあげる

エッジランクと言われてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。フェイスブックでは利用者に記事を表示するのに2つの方法があります。1つ目は最新情報から順に表示する方法です。2つ目が利用者の興味や嗜好を基に順に表示していく方法です。最初の設定ではこの2つ目の方法が使われています。つまり利用者の関心を引くと表示が上位に上がっていくのです。エッジランクとはどのページが利用者から関心を引いているかを判断しランク付けしているものです。

 

これが上がると多数の人の目につきやすくなり注目されることになります。しかし低いとハイライトに表示されなくなってしまうのです。どのようにしてランク付けをしているのでしょうか。親密度、重みと経過時間をそれぞれ数値化し掛け合わせて出た値で判断しています。それぞれがどのように決まっているのか以下で説明します。

 

■親密度

これは直感的に理解できると思います。言葉通り相手とのコミュニケーションの頻度や多さです。いいね、コメント、タグ付け、メッセージの数や頻度などが関わってきます。相手とのコミュニケーションを密にし、これら4項目に積極的に関わり多数の人と何度も繰り返すことで親密度は上がっていくはずです。しかし高くても放っておくと少しずつ下がってしまいます。

 

■経過時間

投稿されてからの現在までの時間、反応があったときから現在までの時間のことです。ランクを上げるには経過時間はできる限り短い方が良いのです。月日が経った投稿は価値が減っているという考えによるものです。ただし昔のものであっても他人の反応があればランクは上がります。エッジランクとはこれら三つの要素を掛けたあとで足すのです。そしてそれを基にランクを決めていきます。ただし放っておくとこのランクは下がってしまいます。内容を充実させ積極的に大勢の人と交流を持ち常にフェイスブックに関わっていくことがエッジランクを上げるコツと言えるでしょう。

 

■利用者の反応が多い時間に投稿する

重みを上げるためには利用者が多い時間帯に投稿すれば良いです。データで見ると利用者が多いのは平日です。特に金曜日17時~18時が最も多くなっています。しかし反応はさほど高くありません。ここからは利用者が多い時間帯が必ずしも反応が多いとは限らないことがわかります。反応が多いのは土日の朝6時台となっています。データ上からはこの時間帯に投稿すれば反応が多く重みが最も上がりやすいと言えるでしょう。

 

■更新通知の設定を促す

更新通知とは新しい投稿があれば知らせてくれる機能のことです。「お知らせを受け取る」にチェックを入れるよう促しましょう。新規の記事があったときにすぐ通知がいき便利であることを相手に知らせるのです。必ずしも記事を見てくれるとは限りませんが、この機能があれば最新の投稿があったことを見逃すことは少なくなるでしょう。些細な工夫ですがこのような地道な工夫も大切です。

 

■文字だけでなく写真も使う

写真を使えば明らかに「いいね」の数が増えることが知られています。見た目が華やかになり利用者の滞在時間を上げる効果があります。記憶にも残りやすくなります。言葉だけではすぐ伝わらない事でも写真があれば何が言いたいか直感的にすぐ伝わることも少なくありません。人が外界から得る情報のおよそ8割は視覚からという説もあります。記事プラス写真は「いいね」を上げるための基本です。数を増やすためにも積極的に写真を使っていきましょう。

 

■写真を充実させる

「いいね」を獲得するのに写真は最も影響してきます。ここに力を入れるのが目標を達成させるための最短距離と言えるでしょう。風景や食べ物、赤ちゃん、ペットなどが人気のようです。以下のサイトでは写真の撮り方のコツを紹介しています。

 

最近はスマホで撮る方も多いのではないでしょうか。スマホでの写真の撮り方にもコツがあります。それを紹介しましょう。基本的なことですがレンズの指紋や汚れを拭き取ってきれいにします。アプリには画像を加工することができるものもあるのでそれを利用してみるのも良いでしょう。現在は無料で質の高いものが多く出ています。

 

■言葉だけで伝わらない場合は動画を使う

何もかもが言葉だけで伝わるわけではありません。「百聞は一見に如かず」です。上記でも記載しましたが人は視覚から得ている情報が多いのです。動画を使うことで言いたいことが瞬時に伝わることも少なくありません。その際は短くコンパクトにまとめましょう。フェイスブックでは短い方が好まれる傾向にあるようです。

 

注意点としては初期設定のままだと画質が悪くなってしまいます。これはサーバーへの負荷を避けるためです。パソコンとスマホでは設定の仕方が変わります。

 

■コメントがあればすぐ返す

相手に好意を示せばこちらにも好意が返ってきます。これを好意の返報性と言います。 コメントも同じです。コメントを返すことによって相手からのコメントが返ってくる可能性が高まります。

 

遅くては効果が薄くなってしまいます。できる限り早く返しましょう。コメントを繰り返すことでエッジランクを上げていくのです。

 

 

まとめ

普段からまめに投稿、コメントをしましょう。その上でこれらのコツ・やり方を使いこなすことができれば結果もついてくるはずです。その中で特に大事だと言えるのが写真です。これは特に大切で記事があれば写真とセットにしましょう。

 

これで「いいね」はだいぶ変わってきます。以上のコツを上手に活用できればアフィリエイトサイトへの誘導も上手くいくはずです。

クリック型広告とは?クリック広告で稼ぐコツとやり方

クリック型広告はその名の通りクリックされることで報酬が発生します。条件はクリックされることだけなのでハードルは低いですね。初心者向けです。

 

クリック型の広告は基本的にGoogleアドセンスより提供されます。しかし、クリック型のサービスは他にもいくつかありますが、一番単価が高いのがグーグルアドセンスの為、アドセンス利用者が多くいるんですね。

 

提供された広告をブログ内に貼っておけば商売の準備は完了です。母数となる閲覧数をガンガン増やせばいいので、ブログの運営や執筆に関するスキル向上に集中しましょう。

 

報酬は簡単に発生しますが、それ相応に安いのが欠点です。1クリックで30~100円辺りの相場ですので、月に100回クリックされても報酬は10000円が関の山。他の方法に比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

クリック型広告で稼ぐコツ

通常のブログでアクセスを集めるには、かなり大変なので、流行している話題の記事を書き一気にアクセス数を集める方法でクリック型広告にて、大きな収益を望むことが出来ます。このようなアフィリエイト手法をトレンドアフィリエイトと言います。

 

トレンドアフィリエイトのノウハウはこちらのサイトで無料でインプットすることが出来ますよ。

 

また、常日頃に調べられるお役立ち情報サイトや季節的に話題となる情報サイト等では、安定したアクセス数と収益を望むことが出来ます。

 

クリック型広告では、他の広告と違って成約に結び付ける必要が無く、サイトに呼び込めば、ユーザーに沿った広告がでてクリックしてもらえます。なので、文章力と言うより、ネタの選定やキーワードの選定がクリック型広告では重要と言えるでしょう。

 

 

 

案内型広告とは?案内型広告で稼ぐ方法やコツ

案内型広告とは、広告元のサイトへ案内し、そこでユーザー登録や資料請求などが成り立てば報酬が発生します。後で商品が売れなくても問題はありませんが、クリックされるだけでは不完全ですので、運営しているブログやサイトの訪問者層に合った広告選びが求められます。

 

一応広告元でも登録などの特典を付ける等努力をしていますので、あと一歩及ばない事の方が少ないのですけれども。

 

○資料請求

案内型ではよく採用されている広告形態です。「資料請求はこちら」でお馴染みの広告です。主なテーマは「引きこもりでは契約できないが情報ぐらいは手に入るもの」で、不動産や車などが当てはまります。

 

資料請求へ誘導する広告は多くのアフィリエイターによって採用されています。実際の売買契約は必要なく、広告元のサイトにさえ行ってもらえばその何割かが報酬に結びつく点が主な理由ですね。多くの閲覧者を目的のサイトへ誘導するのが最も重要になります。

 

実際に資料を請求するかという懸念はありますが、1件の請求があれば、クリック型の3~4倍は報酬が入ります。この系統の広告が欲しければA8.netなどを探すとよいでしょう。

 

○ユーザー登録

広告元のサイトでユーザー登録してもらうことが報酬の条件となっています。主にゲーム・アダルト・金融に関わるサイトが中心ですね。

 

ユーザー登録だけなら無料というサイトへ送るので、資料請求と同じく売買契約は発生しません。しかし、「ユーザー登録って面倒だなぁ」と思ったことはありませんか?心理的なハードルがあるので資料請求よりは多少難易度が高いでしょう。

 

閲覧者を何人サイトへ送れるかだけでなく、広告元でユーザー登録したがる閲覧者がどれだけ居るのかも重要になってきます。首尾よくユーザー登録へ導けたとしても、扱うサイトには出会い系やFXなどトラブルの引き金になりやすいジャンルが含まれています。閲覧者層や広告元を精査するのが面倒なら手を出さないでおきましょう。

 

○オプトイン

オプトインとは「参加する」という意味があり、IT用語としてはDMやメルマガの配信を承諾する意思を表します。広告元のサイトでメルマガ配信を了承する証としてアドレス登録があれば報酬が発生します。メールアドレスの登録だけなら当然無料です。

 

ちなみに、この手法が生まれたのは、プロダクトローンチ(情報を小出しにして購買意欲を掻き立ててから売る方法)というマーケティング法が日本でも取り入れられた副作用だそうです。メルマガを連続で読んでもらわなければ成り立たない為、多くのメールアドレスを必要としたのですね。

 

案内型広告で稼ぐ方法・コツ

上記でも触れましたが、アフィリエイトノウハウとして、案内型広告を活用してアフィリエイトする場合、どのようなテーマでも取り組むことが出来ますが、テーマを一致させて、アクセスを集めることが出来る記事を書き、集客することを目的とすれば、テーマが一致していますので、広告を貼るだけで登録してくれます。

 

また、この案内型の場合、登録に結び付ける為に、文章誘導してより高い確率で登録してもらう戦略をたてることも可能なので、営業型広告とクリック型広告とどちらの戦略も取り入れることが出来る、中間的な広告ですね。

 

 

営業型広告とは?やり方の種類やコツ

営業型広告は実際に商品を買ってもらって初めて報酬が発生するため、クリックや案内に比べてかなりハードルが高いです。

 

その代り、期待される報酬額は相応に高いです。案内型のオプトインアフィリエイトでも成功コースなら月30万以上を叩き出せるのですが、営業型の成功コースは月100万以上と桁違いに稼いでいます。

 

○物販

物販アフィリエイトというジャンルとして独立しているぐらい、営業型の広告では群を抜いてメジャーな方法です。対象商品は「森羅万象」…は言い過ぎですが、ネットで買えるならばほぼ例外なくアフィリエイトの商品に出来ます。

 

何でもアフィリエイトできるので、個人的なブログでも趣味丸出しならばアフィリエイト報酬を期待して広告が貼れます。例えばフィギュアに関するブログを書いているならばフィギュアの販売広告を貼れますし、レビュー記事の中に該当商品の広告を入れることも出来ますね。Amazonアソシエイトに頼れば趣味について書き連ねる傍ら小遣い稼ぎも可能です。

 

但し、営業なので買って貰えなければ報酬は出ません。その辺りはシビアです。特に美容や外国語など高額な分野(フィギュアも十分高額ですが)は熟練のアフィリエイターでも手を焼く厳しさを誇ります。初心者が高額商品の物販アフィリエイトから始めるのは経験値的に無茶な行動なので避けてください。

 

○情報商材

情報商材とは情報そのものを商品としたもので、これのアフィリエイトもまた独立した分野を築いています。アフィリエイトを始めるにあたっての教材もこれに含まれます。なお、商品は円盤や冊子などを郵送したりPDFやMP3ファイルをダウンロードしたりすることで手元に届きます。

 

デジタルの情報はコピーしても劣化しませんので、原本一つ作れば幾らでも売れるという特徴もあります。その為利益率が9割と高く、報酬の高さに繋がっています。

 

扱うジャンルは「稼ぐ」「投資」「美容」「健康」が主流です。先に挙げたアフィリエイト教材は「稼ぐ」に該当しますね。物販アフィリエイトで成功し、なおかつ自己分析力に自信があるならオリジナルの情報商材を作る選択肢もあります。

 

幾らでも安く作れて利益も大きい情報商材アフィリエイトですが、裏では粗悪品を売りさばく詐欺業者も跋扈しています。その影響か、作者に落ち度がなくとも効果が出なかっただけで詐欺商材と騒がれやすくなっており、市場としてはかなり繊細です。

 

売りたい商材を信用してもらうには、「自分がそれで効果を得たのか」を考えましょう。まず自身に明らかな効果が無ければ嘘を嘘で塗り固めて商材を売ることになりますので、信用問題に関わります。

 

○稼ぎが出るほど扱う商品も高額に

営業型で扱う商品は価格が高くなるほど報酬額と難易度が上がってきます。高額商品は空振りが多そうなものですが、よく稼ぐアフィリエイターは月収100万から高額商品を扱い始めるようです。

 

安価な商品を売っていく中で構築した売り方と集客法を磨いていけば、どんなに難しい案件も確率の問題にまで落とし込めるというのが彼らの言い分だそうで、結局は報酬額が急激に上がっています。自分なりの売れる法則を見出せるかが稼ぎの争点となりますね。

 

アフィリエイト広告は何を選べばいいのか?

アフィリエイトは元来広告収入によって報酬の得られる商売です。目的はブログ内の広告を載せたりクリックしたり成約のきっかけにしたりすることであって、ブログはその手段でしかないのですね。しかし、質の高いブログを目指さなければ広告に触れる人数の母数である読者数が伸びず収入に繋がりません。目的がブログの育成に化けてしまいそうです。

 

それはさておき、今回のテーマは広告です。広告には膨大な数の種類があり、様々なスタイルがあります。時と場合と実力によってどういった広告が稼げるのかも大いに変わってきます。それでも自分のスタンスに合致した広告スタイルを見つけて貰いたいものですね。なにしろ収入に直結する最重要部分なのですから。

 

□広告収入は3種類、難易度も単価も様々

広告収入には、サイト誘導やユーザー登録が成り立てばそれなりの報酬が出る「案内型」、広告元と消費者で成約すれば多額の報酬が出る「営業型」、クリックされるだけで少し報酬が出る「クリック型」の3種類が存在します。

 

難易度としましては、クリック型が圧倒的に簡単な初心者向けで、実力が付けば案内型も視野に入るぐらいです。営業型は実際の商談が成り立たなければならないので他2つよりはグッと難しくなります。報酬は概ね難易度に比例していますね。

 

モチベーションの継続という観点から、始めはクリック型の広告がいいでしょう。読者の少ない序盤から営業型の広告を使うと無収入ぶりに絶望するかもしれません。

 

但し、趣味に関するブログで商売をするなら最初から営業型でもいいでしょう。情報を書いているだけで楽しくなる程ハマっている趣味であれば収入はともかく読者が増えるまで続きますし。

 

また、いかなる広告にせよ自分の実力や嗜好、使うメディアの特性、扱うジャンルによって最良の広告形態は異なってきます。己のアフィリエイトスタイルに最も合致した広告を選べるといいですね。

 

まとめ

報酬発生率の難易度で見ると、「営業型」<「案内型」<「クリック型」で、報酬期待度で見ると、「営業型」>「案内型」>「クリック型」と全くの逆になるんですね。

 

ただ、この広告選びは、アフィリエイトノウハウによって使い分けるのが一番正しい活用の仕方になります。方法によっては、「営業型」「案内型」「クリック型」の3つの広告全てをサイト内で展開している人もいます。

 

アフィリエイトになれていない場合は、どれか一つを選んだ方が無難かと思います。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐ為の最低限度の必要投資

当たり前ですが、アフィリエイトはビジネスである以上、ある程度の投資が必要です。

 

例えばレンタルサーバーにかかる費用。ドメインを取得する費用。そして、情報商材を購入するというのも、もちろん投資です。

 

レンタルサーバーなどについては、このやり方が正しいかどうか分からないからまず無料でできるかどうか、自分に合うかどうかやってみよう。。。こういう考え方をするのも、もちろんあり。ただ、無料のサーバーを使うというのも、他の人の土壌で何かをするわけですから、リスクがあるということを知っておく必要があります。

 

つまりある程度本気でやると決めたら、無料サーバーを借りるよりは有料でもしっかり安心してるサーバーを借りたほうがいいということですね。

 

もし投資して失敗しても、悪くて0になるだけ。リスク0でお金が稼げるほどビジネスは、アフィリエイトは甘くないです。

 

リアルで何かビジネスを立ち上げようと思ったらそれこそいくらかかるかわからない。。。それに比べたら情報商材の一つや二つ、高くないと思いませんか?

大きく稼ぐ為のアフィリエイト資産思考

貧乏である人は、お金が入ってきたら、使ってしまう。

 

お金を使ってしまうから、お金がない。これではそりゃ何時まで経っても貧乏ですよね?

 

一方金持ちというのは、投資して資産を買います。資産とは前回話した通り、「お金を作ってくれるもの」お金を作ってくれる資産を手に入れることによって、更にお金が増える。お金が増えることによって資産が増える・・・

 

とまぁこうやってどんどんどんどんお金が増えていくわけです。で、この考え方をアフィリエイトにあてはめることができます。

 

アフィリエイトにおいての資産とは??

まず買うといってすぐ思いつくのが情報商材。情報商材は確かに投資だと思いますが、一歩間違えればただの浪費です。
商材がお金を作ってくれるわけではないので資産といえるかはちょっと微妙ではないでしょうか。

 

では、何が資産なのかというと、、、「媒体」です。ブログ、メルマガ、サイト。これらはすべて、お金を生み出す可能性があるわけです。つまり、お金を作る媒体を作るということが、アフィリエイトにおいての資産を作るということになります。

 

でも現実的に利益を出すサイトを作るのは(一般的には)簡単ではありません。お金を作るブログやメルマガも、そう簡単には作れないのが現実。だからそのために、情報商材があるんですね。

 

メルマガでもサイトでもブログでも、稼げるようになれば投資をする。更に媒体を大きくする。そして、媒体を大きくするだけじゃなくて新し媒体を増やす。(リスクの分散をします。)

 

そうすると、お金はどんどん増えていきますよね・・?アフィリエイトでは、こういう考え方が必須になります。お金を浪費するか、それとも投資するかはあなた次第です。

 

時間こそかかると思いますが、非常に大きな大きな資産となると思います。