アフィリエイト広告は何を選べばいいのか?

アフィリエイトは元来広告収入によって報酬の得られる商売です。目的はブログ内の広告を載せたりクリックしたり成約のきっかけにしたりすることであって、ブログはその手段でしかないのですね。しかし、質の高いブログを目指さなければ広告に触れる人数の母数である読者数が伸びず収入に繋がりません。目的がブログの育成に化けてしまいそうです。

 

それはさておき、今回のテーマは広告です。広告には膨大な数の種類があり、様々なスタイルがあります。時と場合と実力によってどういった広告が稼げるのかも大いに変わってきます。それでも自分のスタンスに合致した広告スタイルを見つけて貰いたいものですね。なにしろ収入に直結する最重要部分なのですから。

 

□広告収入は3種類、難易度も単価も様々

広告収入には、サイト誘導やユーザー登録が成り立てばそれなりの報酬が出る「案内型」、広告元と消費者で成約すれば多額の報酬が出る「営業型」、クリックされるだけで少し報酬が出る「クリック型」の3種類が存在します。

 

難易度としましては、クリック型が圧倒的に簡単な初心者向けで、実力が付けば案内型も視野に入るぐらいです。営業型は実際の商談が成り立たなければならないので他2つよりはグッと難しくなります。報酬は概ね難易度に比例していますね。

 

モチベーションの継続という観点から、始めはクリック型の広告がいいでしょう。読者の少ない序盤から営業型の広告を使うと無収入ぶりに絶望するかもしれません。

 

但し、趣味に関するブログで商売をするなら最初から営業型でもいいでしょう。情報を書いているだけで楽しくなる程ハマっている趣味であれば収入はともかく読者が増えるまで続きますし。

 

また、いかなる広告にせよ自分の実力や嗜好、使うメディアの特性、扱うジャンルによって最良の広告形態は異なってきます。己のアフィリエイトスタイルに最も合致した広告を選べるといいですね。

 

まとめ

報酬発生率の難易度で見ると、「営業型」<「案内型」<「クリック型」で、報酬期待度で見ると、「営業型」>「案内型」>「クリック型」と全くの逆になるんですね。

 

ただ、この広告選びは、アフィリエイトノウハウによって使い分けるのが一番正しい活用の仕方になります。方法によっては、「営業型」「案内型」「クリック型」の3つの広告全てをサイト内で展開している人もいます。

 

アフィリエイトになれていない場合は、どれか一つを選んだ方が無難かと思います。