特化型ブログに適したジャンル選定とニッチ分野の具体的な選定方法

特化型ブログとは特定のジャンルだけに絞った記事で構成され、もともと興味を持っている検索ユーザーやリピーターなど、滞在時間の長いユーザーの獲得が見込めます。

 

特化型ブログをうまく軌道に乗せるためには、最初のカテゴリー選定が全てだと言われていますが、一体どのようにジャンルの選定を行えばいいのでしょうか?

 

自分の好みから辿っていく

特化型ブログに限らず、ブログ運営では当然のことながら記事を書く必要があります。外注化という手段もありますが、ここではその段階のステップは触れずにおきます。このビジネスは記事を書き続けるというライティングが主になってきますので、知らない分野や門外漢なカテゴリーなどは、書くこと自体が苦痛になってきます。

 

まずは自分の趣味や趣向など好きなものの延長に位置するカテゴリーを選定してみてください。しかし、どんなに好きなものであっても、あまりにもマニアックな趣味では検索需要がありませんので、上位表示ができたとしてもアクセスは集まりません。

 

大きな市場のニッチな分野

ジャンル選定の順序としては、まずは大きな市場、カテゴリーを選択してください。例えば「ゲーム」や「マンガ」などの大きな枠ですね。これだけではライバルが多いのではないかと思われるかもしれませんが、その通りです。このカテゴリーをそのまま単一キーワードで検索しても、上位表示できるわけはありません。

 

カテゴリーの中の「少年漫画」や「ギャグ漫画」といったジャンルを選択し、「作者」の「スピンオフ作品」といったように、ニッチな分野を狙うのです。ジャンルを絞り込んでいくことでライバルが少なくて検索需要がある分野にたどり着ければ、特化型ブログ1ヶ月目でも報酬が発生するはずです。

 

  • 例:カテゴリー ゲーム

ジャンル1階層 DQMSL(ドラクエモンスターズスーパーライト)
ジャンル2階層 福引で出てくるレアモンスターのまとめ
ジャンル3階層 レアモンスターの転生方法

 

DQMSLドラクエモンスターズスーパーライトはとても検索需要の多いスマホゲームです。ゲーム自体もリリースから2~3年が経過していますが、まだまだプレーヤーの人口が多い人気ゲームです。

 

ジャンル1階層目のDQMSLというゲーム名をキーワードにして記事を書くとすると、ライバルはゲーム専門誌のサイトや、プロゲーマーの攻略サイトが相手となり、太刀打ちできるはずもありません。おそらく検索1ページ目の表示も難しいでしょう。

 

では、ジャンルを1階層下げて、ゲーム中の特定イベントでのレアモンスターのことについて絞り込んだ記事を書くとどうなるでしょう。ライバルはゲームを実際にプレーしたことのある人のブログや、攻略記事をブログにするプレーヤーが検索に現れてきます。記事の内容によっては検索上位を狙えるかもしれませんね。

 

そしてさらにジャンルの階層を下げ、ゲーム中の特定イベントのレアモンスターの獲得方法という1手順まで絞り込むとどうでしょう。こうなると検索するべきキーワードはかなり限定されてきて、全体的な攻略記事のブログも少なくなり、ライバルもぐっと絞り込まれます。

 

しかし、ゲームのプレーヤーの人口から考えれば、検索する可能性は大いにあります。3階層まで下がると、アクセスも報酬も下がりますが、報酬を得る確率はぐんと高まってきます。

 

成果は小さいかもしれませんが、成功体験の積み重ねはやがて大きな成果へと繋がります。特化型ブログは難しく考えすぎず、大きな市場のニッチな分野を合言葉に稼げる方法を探してみてください。