クリック型広告とは?クリック広告で稼ぐコツとやり方

クリック型広告はその名の通りクリックされることで報酬が発生します。条件はクリックされることだけなのでハードルは低いですね。初心者向けです。

 

クリック型の広告は基本的にGoogleアドセンスより提供されます。しかし、クリック型のサービスは他にもいくつかありますが、一番単価が高いのがグーグルアドセンスの為、アドセンス利用者が多くいるんですね。

 

提供された広告をブログ内に貼っておけば商売の準備は完了です。母数となる閲覧数をガンガン増やせばいいので、ブログの運営や執筆に関するスキル向上に集中しましょう。

 

報酬は簡単に発生しますが、それ相応に安いのが欠点です。1クリックで30~100円辺りの相場ですので、月に100回クリックされても報酬は10000円が関の山。他の方法に比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

クリック型広告で稼ぐコツ

通常のブログでアクセスを集めるには、かなり大変なので、流行している話題の記事を書き一気にアクセス数を集める方法でクリック型広告にて、大きな収益を望むことが出来ます。このようなアフィリエイト手法をトレンドアフィリエイトと言います。

 

トレンドアフィリエイトのノウハウはこちらのサイトで無料でインプットすることが出来ますよ。

 

また、常日頃に調べられるお役立ち情報サイトや季節的に話題となる情報サイト等では、安定したアクセス数と収益を望むことが出来ます。

 

クリック型広告では、他の広告と違って成約に結び付ける必要が無く、サイトに呼び込めば、ユーザーに沿った広告がでてクリックしてもらえます。なので、文章力と言うより、ネタの選定やキーワードの選定がクリック型広告では重要と言えるでしょう。

 

 

 

案内型広告とは?案内型広告で稼ぐ方法やコツ

案内型広告とは、広告元のサイトへ案内し、そこでユーザー登録や資料請求などが成り立てば報酬が発生します。後で商品が売れなくても問題はありませんが、クリックされるだけでは不完全ですので、運営しているブログやサイトの訪問者層に合った広告選びが求められます。

 

一応広告元でも登録などの特典を付ける等努力をしていますので、あと一歩及ばない事の方が少ないのですけれども。

 

○資料請求

案内型ではよく採用されている広告形態です。「資料請求はこちら」でお馴染みの広告です。主なテーマは「引きこもりでは契約できないが情報ぐらいは手に入るもの」で、不動産や車などが当てはまります。

 

資料請求へ誘導する広告は多くのアフィリエイターによって採用されています。実際の売買契約は必要なく、広告元のサイトにさえ行ってもらえばその何割かが報酬に結びつく点が主な理由ですね。多くの閲覧者を目的のサイトへ誘導するのが最も重要になります。

 

実際に資料を請求するかという懸念はありますが、1件の請求があれば、クリック型の3~4倍は報酬が入ります。この系統の広告が欲しければA8.netなどを探すとよいでしょう。

 

○ユーザー登録

広告元のサイトでユーザー登録してもらうことが報酬の条件となっています。主にゲーム・アダルト・金融に関わるサイトが中心ですね。

 

ユーザー登録だけなら無料というサイトへ送るので、資料請求と同じく売買契約は発生しません。しかし、「ユーザー登録って面倒だなぁ」と思ったことはありませんか?心理的なハードルがあるので資料請求よりは多少難易度が高いでしょう。

 

閲覧者を何人サイトへ送れるかだけでなく、広告元でユーザー登録したがる閲覧者がどれだけ居るのかも重要になってきます。首尾よくユーザー登録へ導けたとしても、扱うサイトには出会い系やFXなどトラブルの引き金になりやすいジャンルが含まれています。閲覧者層や広告元を精査するのが面倒なら手を出さないでおきましょう。

 

○オプトイン

オプトインとは「参加する」という意味があり、IT用語としてはDMやメルマガの配信を承諾する意思を表します。広告元のサイトでメルマガ配信を了承する証としてアドレス登録があれば報酬が発生します。メールアドレスの登録だけなら当然無料です。

 

ちなみに、この手法が生まれたのは、プロダクトローンチ(情報を小出しにして購買意欲を掻き立ててから売る方法)というマーケティング法が日本でも取り入れられた副作用だそうです。メルマガを連続で読んでもらわなければ成り立たない為、多くのメールアドレスを必要としたのですね。

 

案内型広告で稼ぐ方法・コツ

上記でも触れましたが、アフィリエイトノウハウとして、案内型広告を活用してアフィリエイトする場合、どのようなテーマでも取り組むことが出来ますが、テーマを一致させて、アクセスを集めることが出来る記事を書き、集客することを目的とすれば、テーマが一致していますので、広告を貼るだけで登録してくれます。

 

また、この案内型の場合、登録に結び付ける為に、文章誘導してより高い確率で登録してもらう戦略をたてることも可能なので、営業型広告とクリック型広告とどちらの戦略も取り入れることが出来る、中間的な広告ですね。

 

 

営業型広告とは?やり方の種類やコツ

営業型広告は実際に商品を買ってもらって初めて報酬が発生するため、クリックや案内に比べてかなりハードルが高いです。

 

その代り、期待される報酬額は相応に高いです。案内型のオプトインアフィリエイトでも成功コースなら月30万以上を叩き出せるのですが、営業型の成功コースは月100万以上と桁違いに稼いでいます。

 

○物販

物販アフィリエイトというジャンルとして独立しているぐらい、営業型の広告では群を抜いてメジャーな方法です。対象商品は「森羅万象」…は言い過ぎですが、ネットで買えるならばほぼ例外なくアフィリエイトの商品に出来ます。

 

何でもアフィリエイトできるので、個人的なブログでも趣味丸出しならばアフィリエイト報酬を期待して広告が貼れます。例えばフィギュアに関するブログを書いているならばフィギュアの販売広告を貼れますし、レビュー記事の中に該当商品の広告を入れることも出来ますね。Amazonアソシエイトに頼れば趣味について書き連ねる傍ら小遣い稼ぎも可能です。

 

但し、営業なので買って貰えなければ報酬は出ません。その辺りはシビアです。特に美容や外国語など高額な分野(フィギュアも十分高額ですが)は熟練のアフィリエイターでも手を焼く厳しさを誇ります。初心者が高額商品の物販アフィリエイトから始めるのは経験値的に無茶な行動なので避けてください。

 

○情報商材

情報商材とは情報そのものを商品としたもので、これのアフィリエイトもまた独立した分野を築いています。アフィリエイトを始めるにあたっての教材もこれに含まれます。なお、商品は円盤や冊子などを郵送したりPDFやMP3ファイルをダウンロードしたりすることで手元に届きます。

 

デジタルの情報はコピーしても劣化しませんので、原本一つ作れば幾らでも売れるという特徴もあります。その為利益率が9割と高く、報酬の高さに繋がっています。

 

扱うジャンルは「稼ぐ」「投資」「美容」「健康」が主流です。先に挙げたアフィリエイト教材は「稼ぐ」に該当しますね。物販アフィリエイトで成功し、なおかつ自己分析力に自信があるならオリジナルの情報商材を作る選択肢もあります。

 

幾らでも安く作れて利益も大きい情報商材アフィリエイトですが、裏では粗悪品を売りさばく詐欺業者も跋扈しています。その影響か、作者に落ち度がなくとも効果が出なかっただけで詐欺商材と騒がれやすくなっており、市場としてはかなり繊細です。

 

売りたい商材を信用してもらうには、「自分がそれで効果を得たのか」を考えましょう。まず自身に明らかな効果が無ければ嘘を嘘で塗り固めて商材を売ることになりますので、信用問題に関わります。

 

○稼ぎが出るほど扱う商品も高額に

営業型で扱う商品は価格が高くなるほど報酬額と難易度が上がってきます。高額商品は空振りが多そうなものですが、よく稼ぐアフィリエイターは月収100万から高額商品を扱い始めるようです。

 

安価な商品を売っていく中で構築した売り方と集客法を磨いていけば、どんなに難しい案件も確率の問題にまで落とし込めるというのが彼らの言い分だそうで、結局は報酬額が急激に上がっています。自分なりの売れる法則を見出せるかが稼ぎの争点となりますね。

 

アフィリエイト広告は何を選べばいいのか?

アフィリエイトは元来広告収入によって報酬の得られる商売です。目的はブログ内の広告を載せたりクリックしたり成約のきっかけにしたりすることであって、ブログはその手段でしかないのですね。しかし、質の高いブログを目指さなければ広告に触れる人数の母数である読者数が伸びず収入に繋がりません。目的がブログの育成に化けてしまいそうです。

 

それはさておき、今回のテーマは広告です。広告には膨大な数の種類があり、様々なスタイルがあります。時と場合と実力によってどういった広告が稼げるのかも大いに変わってきます。それでも自分のスタンスに合致した広告スタイルを見つけて貰いたいものですね。なにしろ収入に直結する最重要部分なのですから。

 

□広告収入は3種類、難易度も単価も様々

広告収入には、サイト誘導やユーザー登録が成り立てばそれなりの報酬が出る「案内型」、広告元と消費者で成約すれば多額の報酬が出る「営業型」、クリックされるだけで少し報酬が出る「クリック型」の3種類が存在します。

 

難易度としましては、クリック型が圧倒的に簡単な初心者向けで、実力が付けば案内型も視野に入るぐらいです。営業型は実際の商談が成り立たなければならないので他2つよりはグッと難しくなります。報酬は概ね難易度に比例していますね。

 

モチベーションの継続という観点から、始めはクリック型の広告がいいでしょう。読者の少ない序盤から営業型の広告を使うと無収入ぶりに絶望するかもしれません。

 

但し、趣味に関するブログで商売をするなら最初から営業型でもいいでしょう。情報を書いているだけで楽しくなる程ハマっている趣味であれば収入はともかく読者が増えるまで続きますし。

 

また、いかなる広告にせよ自分の実力や嗜好、使うメディアの特性、扱うジャンルによって最良の広告形態は異なってきます。己のアフィリエイトスタイルに最も合致した広告を選べるといいですね。

 

まとめ

報酬発生率の難易度で見ると、「営業型」<「案内型」<「クリック型」で、報酬期待度で見ると、「営業型」>「案内型」>「クリック型」と全くの逆になるんですね。

 

ただ、この広告選びは、アフィリエイトノウハウによって使い分けるのが一番正しい活用の仕方になります。方法によっては、「営業型」「案内型」「クリック型」の3つの広告全てをサイト内で展開している人もいます。

 

アフィリエイトになれていない場合は、どれか一つを選んだ方が無難かと思います。